PR

次世代モデル、音声ビジネスの可能性に迫ります❕

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ビジネス

こんにちは、たけしゃんです。

今回は「音声ビジネス」についてお話します。

まだ情報が少ないのですが、調べた結果について紹介していきます。

音声ビジネスは次世代のビジネスと呼ばれていますが、果たしてどんなものなのか?

音声ビジネスには新しい可能性があるのか検証していきたいとおもいます。

次世代モデル、音声ビジネスの可能性にせまります❕

この記事でお伝えしたい事

  • 音声ビジネス(音声メディア)とは
  • 音声ビジネスで出来る事は?可能性
  • 音声ビジネスに参入できるのか?
  • まとめ

音声ビジネス(音声メディア)とは?

音声メディアは、簡単に説明すると音声発信によるメディアです。
音性メディアの種類を紹介

インターネットラジオ:AM.FMといった電波ではなくインターネットを利用したラジオ番組
音声配信サービス:音声によるコンテンツを提供しています。
オーディオブック:本の朗読を聞くサービスです。

「Air POds」などの普及によりながら聞きができる事が譲歩されています。

現在の主なサービスプラットフォーム
Voicy
Radiko
satnd.fm

様々なサービスが増え続けていますが、ここで現在の市場と可能性をお見せします。

デジタル音声広告の市場規模(グラフ挿入)

ポッドキャストの登場によりア、メリカでも音声メディアは急成長をとげています

音声ビジネスで出来る事は?可能性

今回の記事を執筆して、一番気になったのが「コエステーシヨン」です。
「2020.2.5東芝とエイベックスで設立されたコエステーシヨン」一般人から芸能人の声を活用できる音声合成プラットフォームです。
まず、約15分ぐらいの単語などを声だして入力すると、ゲームや本の読み上げなどを好きな声で読み上げてくれるのです。

実例はカーナビ、スマートスピーカーな、AI接客、インフォメーションなどがあります。
将来的にはSNSも届いたら本人の声で読み上げてくれる事も可能になるようです。
声は募集されて、使用された声には報酬が発生する仕組みだそうです。

コエステーシヨン公式サイトhttps://coestation.jp/

音声ビジネスに参入できるのか?

ビジネス初心者が参入して成功できるのかについては、チャンスがあると思います。
とりあえずやってみて分析していく。
今はまだ手探り状態の市場なので、常にアンテナを張り巡らして情報を収集する事が大事になってきます。
ビジネスチャンスは成長期に参入できれば、成功を手にする事が可能だと言われています。
それには、先見性が必要にになってきます。
上記の図から考えられる事は2020年~2021年が成長期にあたると思います。
今回のチャンスを手に入れたい方はこの先の動向を要チェックです。

まとめ


今回は音声ビジネス(音声メディア)について解説していきましたが、まだ手探り状態です。
新しい情報が入り次第お伝えしたいと思います。
音声ビジネスは新しいビジネスチャンスと思いますので、情報を明確にしていきたいと思います。
僕自身も今回のチャンスを掴みたいと思っています。

それでは次回の記事でお会いしましょう、ありがとうございました。

コメント

  1. dessUpe より:

    As most of ototoxic hearing loss is irreversible, the management emphasis tends to be on prevention where to buy cialis cheap People should be aware that DTC tests may not be comprehensive, in that some tests do not test for all of the harmful mutations in the two genes

タイトルとURLをコピーしました